ホーム>4277(ヨーツーナイナイ)のつぶやき>人類の歴史=腰痛の歴史(THS共有ブログより)
4277(ヨーツーナイナイ)のつぶやき

人類の歴史=腰痛の歴史(THS共有ブログより)

THS(トータルヘルスサポーターズ)メンバーによる共有ブログになります。 今回のブログは 中野カイロプラクティックオフィス 薬袋 聡先生の記事を引用しています。

shinka
腰痛は先進諸国の国民の7割以上が、一生のうちに一度は腰痛を経験するといわれる症状です。 皆さんの中にも腰痛でお悩みの方は、とても多いかと思われます。 約350万年~380万年前に人類が4足歩行から2本足で歩くようになってから、 「人類と腰痛」の歴史は始まっているといっても過言ではないかもしれません。 なぜなら、腰痛とは直立歩行をするために起こった症状であると言われています。 人が2本足で歩くためには、上半身の重みを腰で支えつつ、 体の中心で柱で重力に対する緩衝機能の役割をしている背骨やその周辺に、 大きな負担をかけているのです。 なぜ、それほど2足歩行になっただけで腰に負担をかけてしまうのか? それは、4足歩行のときは、背骨というのは上半身と下半身を繋ぐ梁の役割をしているため、 前足、後ろ足での4点で安定した状態で支えられるためです。 ところが、2足歩行になってしまと、背骨は不安定ながらも直立的に立たざる得なくなり、 元来、背骨とは梁として用いる骨格のため、違う用途にしよすると、無理が生じるのです。 4足歩行の動物を見ればわかるように、骨盤と足が股関節の部分で無理をして、 必死に立っているのがわかると思います。 そのため、人間は2足歩行をするためにはまず足と骨盤と背骨を上手にバランスを保って いなくてはならないのです。 しかし、人間の多くはそのバランスを常に上手にキープし続けることができないことが多いのです。 その負荷が良く及ぶのが腰椎や骨盤であることが多いといえます。 そのため、腰痛などの症状でお悩みの方の多くは、これらの部位に対して 負担が集中しやすくなっています。 また、これらの部位は日常の仕事や生活習慣の中で立ったり、座ったり、かがんだり、とその部分にはとても多くのストレスがかかることが多く、そのストレスが激しかったり、長期間続いていたりすると更に多くの問題が発生します。
 
20130529143628
 
特に背骨の下にある腰椎はこういったストレスが長期間続いた状態が重力も相まって、 長期化すると骨はほとんどの場合”後ろにズレます”この状態が、いわゆる「骨がズレる」といった状態です。 このズレをカイロプラクターは、緻密な検査に基づき正確に矯正していきます。 そのため、本来の正しい矯正は本当にソフトで痛くはないのでご安心ください。
 
 
 
とのことですが、「二足歩行を始めた時から腰痛が始まった論」に私は少々疑問を持っています。
 
アマゾンの原住民やアフリカの狩猟生活者に腰痛やギックリ腰に関するインタビューを行ったところ、概念自体が存在せず、「気から滑り落ちて腰が痛くなるのか?」、「弓や槍が腰に刺さっていたくなるか?」というレベルだったそうです。
 
 
即ち、単に二足歩行への進化が腰痛を引き起こしたのではない、と私は考えます。
 
 
それでは腰痛はいつから始まったのか?
 
ズバリ、それは農業開始からだという論もあり、私はどちらかといえば、そちらを支持いたします。
 
メソポやミア文明?の遺跡から変形した腰椎の遺跡(化石)が発見されたそうです。
 
つまり、文明化という現象がが腰痛をもたらしたのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
ギックリ腰、その他腰痛なら
志木クラニオ・カイロプラくティック整体院
048-474-4277(ヨーツーナイナイ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.itami-kaihou4277.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/108

ページ上部へ