ホーム>4277(ヨーツーナイナイ)のつぶやき>ぎっくり腰体験談(瑞穂カイロ・海老原先生)
4277(ヨーツーナイナイ)のつぶやき

ぎっくり腰体験談(瑞穂カイロ・海老原先生)

NPO法人、THS(トータルヘルスサポーターズ)の共有ブログになります。


今回のブログは 瑞穂カイロプラクティック整体院 海老原 仁先生の記事を引用しています。

 

illust3020
5月も終盤に入り、あっという間に1年も半分近く過ぎ去ってしまいますね。 6月に入るとやってくるのが『梅雨』です。 この季節は治ったと思った古傷が痛くなったり、どことなく体調がすぐれない事も多いですよね。 そしてこの季節に多いのが『ぎっくり腰』なのです。
今回は私のぎっくり腰の体験談を書こうと思います。
初めてなったのは20歳の時でした。 当時は別の仕事をしていたのですが、フォークリフトから飛び降りた時、腰に違和感を感じました。その時は激痛ではなかったのですが、段々痛くなってきて次の日は起きるのがやっとという状態になりました。 そんな事があってから、毎年必ず1~2回はぎっくり腰になっていました。
なった事のない人は、「ぎっくり腰って重たい物を持つ時になるんでしょう?」という認識があると思います。
しかし、私の経験上ではそれはなかったですね。 イメージしがちな「ギクッ!!」という感じも、あまりなかったです。 一番ヒドかったのは、風呂あがりにカゴに入っているバスタオルを取ろうとした時です。 バスタオルですよ!そんな軽い物でもなってしまうのです。
重い物を持つ時は、「これから重い物を持つぞ」と意識するので、腰に力が入るんですね。 しかし、バスタオルのような軽い物は何も意識せずに中腰になったりするので、その時にやってしまうのです。 その時は何か腰にイヤな感じがしたんですが、すぐに動けなくなってしまいました。 それから4日間、身動きが取れませんでした。寝返りも打てないし、布団の頭の上に置いてある携帯電話が鳴っても取る事も出来ません。 ちょっとでも動くと腰にイナズマのような痛みが走り、悲鳴をあげました(笑) 本っ当に痛かったです。 ですから、ぎっくり腰の患者さんの気持ちは良~くわかりますよ(笑) 私からアドバイスが2つあります。
 
『下にある物を取る時は、中腰で取らずにしゃがんで取る』
 
『なってしまったら、患部を温めるのではなく必ず冷やす』
 
これが私が痛い思いをして体得したものです。 良く覚えておいて下さいね。


 





腰痛、背部痛なら
志木クラニオ・カイロプラクティック整体院
048-474-4277

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.itami-kaihou4277.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/110

ページ上部へ