2013年9月

ナゼ、疲れると甘いものが欲しくなるのか?  ~朝霞 富士見 新座の整体院~

激しい運動、トレーニング後、長時間のデスクワークの後などには無性に甘いものが

欲しくなったりすることがあります。

私も10人以上の施術の後にはチョコレートがやたらに食べたくなる事が多々あります。

これはたまたま食べたくなったのではなく、必然的な生理学的理由があります。

人間などの動物や植物の活動エネルギーの元となる物質の一つにブドウ糖があります。

ブドウ糖は代表的な単糖の一つで、それ以上加水分解されない糖類です。グルコースとも

呼ばれています。

その働きは種々ありますが、中でも重要な役割は脳を正常に働かせる事です。

脳は人体のどの臓器よりも多くのエネルギーを消費し、、人間が一日に消費するエネルギー

の15%~20%を消費するともいわれています(ちなみにその次に消費するのは筋肉)。

結局、仕事や勉強などで脳が疲れた時や、運動やトレーニング、肉体労働などで筋肉が疲労

している時は血中のブドウ糖が大量に消費されている状態です。つまり血糖値が低下している

状態という事になります。

このような状態の時、脳がエネルギー源となる糖分を要求し、疲労回復を図ろうとする訳です。

体が疲れて糖分が欲しいものの、何となく甘いものが苦手、お菓子は嫌い、体重が気になって

しまう・・・・・・・etc、という輩は何らかのサプリや栄養補助食品なども現在では多種多数販売

されてますので、お試しになるのもよろしいんじゃないでしょうか?

ブドウ糖吸収過程.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝霞市 新座市 富士見市の骨盤矯正・脊椎矯正・頭蓋矯正なら

志木クラニオ・カイロプラクティック整体院

048-474-4277

女性の胸は揉むと大きくなる???         ~富士見市 新座市 朝霞市の整体~

台風が去っていきました。もともと日本はとても災害の多い場所でした。災害中諸々あっても後には

切り替えていかなければ生きていけない。この辺りが大陸人とは違い、過去を水に流す、サッパリ、

アッサリなどの日本人独特のメンタリティを産んだのではないでしょうかね?

 

さて、話は変わりますが、巷間、「女性の胸は揉まれると大きくなる」という俗説がありますが、これは

本当なんでしょうか?

女性の胸は約9割が脂肪組織で出来ています。乳房内の脂肪量の多い、少ないが胸の大きさの違い

ということになります。

女性ボディビルダーや女性陸上選手(その他のスポーツ選手も)の胸が比較的小さいのは脂肪の量が

少ないからだと言われています。

 

女性の乳房の成長・発達の因子は女性ホルモン、遺伝、栄養状態等が関わっており、胸が成長し始める

のは9歳~14歳までの思春期頃と言われています。この時期を外すと次に大きくなる時期は妊娠時のみ

となってしまうそうです。

乳房.jpg

 

 

 

 

 

俗に男性諸氏が語る「女性の胸をモミモミすると大きくなる」説は、女性が恋愛状態になると女性ホルモンが

多く分泌され、その状態の時に刺激を入れることでバストアップが期待できるという意味も含んだものですが、

残念ながらこの説は間違いのようです。

恋愛によって女性ホルモンが大量に分泌されるといっても胸が大きくなるほどではないからだそうです。

ただし、女性ホルモンによる肌の潤いと色・艶、柔軟度のアップ、自律神経安定による健康状態向上という

期待はできるそうです。

 

ところで、イソフラボンという成分は女性ホルモンの酷似しております。このイソフラボンに関しては食事に

よる摂取が可能で、女性ホルモンのエストロゲンにとてもよく似た効果が得られるそうです。

 

胸をモミモミして大きくなって欲しいと願うのは自由ですが、実際には全く関係ないようですね!!

 

 

 

 

富士見市 朝霞市 新座市の脊椎調整 骨盤矯正、頭蓋調整なら

志木クラニオ・カイロプラクティック整体院

048-474-4277

背骨はどうして曲がっているのだろう?    ~朝霞市 富士見市 新座市の整体~

例え、背筋をピンッと伸ばしたとしても、人の体を横から見てみると曲がっています。

頚椎(首の骨)は前に弯曲、胸椎(背中の骨)は後ろに弯曲、そして、腰椎(腰の骨)は

再び前に弯曲しています。いわゆるS字状にカーブしている訳です。

これはどういう訳なんでしょうか?

90D2928C82CC8D5C91A2907D89F0[1].jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の体には歩く度に衝撃がかかります。重力とその反力です。

背骨はそれらの衝撃を受け止め、和らげていく作用があるため、S字状の弯曲が

必要になってしまった、という訳です。

もしも、背骨が全く曲がっておらず、完全にストレートならば、一歩歩くごとに体全体に

かなりの大きな衝撃と負担がかかってしまうことになってしまいます。

これは、ある意味段差から飛び降りた時に、自然と膝が曲がるのと同じメカニズムと

言えます。

ある意味衝撃吸収のためのスプリングの役割をしているという訳です。これらのしくが

無ければ、即座に内蔵や脳が破壊されてしまうことでしょう!

チンパンジーやゴリラの単発的二足歩行ではなく、定常的に二足歩行となった、人類

ゆえの特殊構造だと言えるかもしれませんね。

d0154281_1162381[1].jpgtahs30762000-img600x450-1350482697zula9c12996[1].jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝霞市 新座市 富士見市の頭痛、骨盤矯正なら

志木クラニオ・カイロプラクティック整体院

048-474-4277

肩こり/背中と胸の筋肉について・・・           ~新座市 朝霞市 富士見市の整体院~

ヒトは二足歩行を始めてから、知恵と腰痛を獲得したと言われています。

初めての腰痛の遺跡(腰椎が変形していた化石)は古代メソポタミアだかエジプトだかの文明から

発見されたというようなことをテレビで見た記憶があります。

私としてはそれをいうのなら二足歩行ではなくて農業、農作業が大きく関わっていると思っております。

 

さてもう一つやっかいな肩こりも二足歩行が原因の一つだと言われています。

ただ、肩こりに対する認識ですが民族や人種による差異がとても多くあり、日本人がダントツに肩こり

を感じる民族だと言われています。そもそも「肩こり」という言葉自体、明治の文豪、夏目漱石が作り

出した言葉ということは意外と知られておりません。

A型が大半を占める日本人は几帳面ゆえ、常に肩から首への意識・緊張が途切れないのかもしれま

せんね!

 

血液型というと、世界的には全くナンセンスで、そんなものを信じるのは日本人くらいだ・・・・とよく

言われます。

私はこれには異を唱えます。実は血液型の研究をかなり進めていたのがナチスドイツで、その結果が選民

主義や貴賤の差別、戦時中の悲惨さを生み出したということで、ナチス封印の元、欧米では血液型の研究

を自ら封印してしまった、というのが真相だそうです。ですから、欧米人の方がある意味血液型分析が遅れ

いるのではないでしょうか?

 

話があさっての方向へ行ってしまいました。背中と胸の筋肉についてでしたよね?

ヒトは動物と違い、とても重い頭部を体の上に乗せ、腕を肩からぶら下げているという構造です。

そのため、多くの骨格筋は常にある程度収縮していなければならず、それらが肩こりの原因の一つと言われて

おります。

背中の筋肉は表層と深層の二重構造になっており、表層筋肉の代表は僧帽筋です。この筋は常に肩甲骨を

引っ張り上げている状態を担っているため、疲労物質である乳酸が溜まりやすいのです。上記の常に収縮、

という状態に加え、これらも複合的に起こっているため、肩こりという症状となって現れやすいのでしょう。

ちなみに僧帽筋の「僧帽」とは、中世カトリックの修道士が被るフードに形が似ている、ということから付けられた

名前です。つまり筋肉名ごと翻訳してしまった訳です。そうとは知らず、私は最初、その字面から日本の坊さんが

被る烏帽子のようなものを想像したので、全然似てないし、名付けのセンスが悪い奴がいるものだと思っており

ました(笑)

image[1].jpg

 

 

 

 

 

 

 

僧帽筋に対し、深層の筋肉はまとめてひっくるめて「固有背筋」と呼ばれ脊柱の周囲にへばりつき、脊柱が倒れ

ないように支えたり、体幹部の骨格を精妙に動かす働きをしております。

特に、腰の辺りでは腸肋筋、最長筋、棘筋の三つをまとめた「脊柱起立筋」が発達し、姿勢を保持したり背や腰の

曲げ伸ばしするなど、非常に重要な役割を果たしています。

 

胸の筋肉も表層と深層に分けることができます。

表層の筋肉の代表的なものには、セレブ男子が鍛えるのが大好きな大胸筋、他に小胸筋、鎖骨下筋、前鋸筋・・・・

などがあります。大胸筋はムキムキという言葉が似合う筋肉でものを抱えたり、抱きしめたりする時に使われます。

それに対し、深層の筋肉には肋骨通しを繋ぐ肋間筋などがあり、横隔膜とともに呼吸筋としての役割を担って

おります。

image[8].jpg

 

 

 

 

 

 

 

ところで、この横隔膜自体も筋肉なのはご存知でしたか?

胸腔と腹腔を隔てるドーム状の隔壁(圧力防護壁)です。横隔膜は上に向かってドーム状になっており、収縮すると

ドームの天井が低くなり(胸腔が広がる状態)、空気が入ってくるという仕組みです。

ちなみに牛丼屋の肉は牛の横隔膜を粉砕したものだと聞いたことがあります。つまりハラミですね!

脱線ついでにホルモンは「ほおるもん(捨てるもん=捨てるもの)」から来ていて、ホルモンバランスのホルモンでは

なく「腸」のことです。

e0146240_1940515[1].jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当院では頭痛や肩こりについては軟部組織のアプローチだけではなく、頚椎、胸椎の調整、関節の調整(モビリゼー

ション)、クラニオ施術(頭蓋骨調整)をメインに行っており、かなりよい結果を出しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

新座市 朝霞市 富士見市の頭痛・骨盤矯正なら

志木クラニオ・カイロプラクティック整体院

048-474-4277

 

 

 

 

ナゼか痩せる手技               ~朝霞市 富士見市 新座市の整体~

忙しいとついついブログをサボってしまいます。また、今夏の暑さは諸々とやる気を削いでくれる

 

ものでした。

 

さて、最近、肩関節~背部へのアプローチを中心とした手技を行っておりました。

 

何人かの患者さんにモニターになってもらいいろいろ試しておりました。

 

背部に多いといわれる褐色脂肪細胞を刺激するのが狙いでした(当初は肩関節の動きをよくする

 

というのが狙いでした)。

 

 

褐色脂肪細胞痩せるために必要な細胞です。面白いのは「脂肪」細胞なのに、余分なカロリーを

 

消費してくれる細胞なんです。

 

 

脂肪細胞(脂肪組織)の詳細はこちらをご覧いただければと思うのですが、実はそんな大仰な話では

 

なく、肩関節を中心としたモビリゼーション&軟部組織へのアプローチをしていたら、ナゼか痩せた・・・

 

という患者さんが多かったので、モニターをとってやってみたという次第です。

 

短期間で平均2キロ位は痩せたという患者さんが多かったです。

 

もちろん今年のこの暑さによる代謝が活発になっていた、という下地があったのかもしれませんし、全員が

 

全員痩せたという訳ではないのですが、痩せたという患者さんが多かったのも事実です。定量的なデータ

 

ではないですが、人間の体っておもしろいなぁ・・・・と日々感じております。

 

今日はブログリハビリ(笑)の感もあるのでこの辺で・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新座市 朝霞市 富士見市での頭痛・骨盤矯正なら

志木クラニオ・カイロプラクティック整体院

048-474-4277
 

 

 

 

 

 

1
ページ上部へ